【比較してみた】SBIネオモバイル証券とLINE証券

金融リテラシー

こんにちは。資産形成初心者女子のリゼロです。

資産形成の手法の一つでもある株式売買ですが、種銭(元手となるお金)が少なくとも数十万は必要でなかなか手が出しづらい手段です。

そんな中、株式取引の最大のハードルである種銭の大きさを払拭したSBIネオモバイル証券とLINE証券について比較・検討してみました!

何がどう違うのか?どんな人が使うべきなのか?という事を資産形成初心者である私が離乳食くらいの柔らかさで説明していきたいと思います。

SBIネオモバイル証券・LINE証券の共通点

まずは2つの証券に共通するポイントについてです。

・少額(数百円)から始められる(一株から購入可能)
・ポイント利用ができる
・日本株の扱いのみ
・NISA、積立NISAはなし

上記4点が共通点でして、何より少額スタートが可能な事が魅力的ですね。

通常の証券口座の場合ですと、1単元(=100株※)からの取引がスタンダードなため1株3000円だった場合、30万円からのスタートになりますね。
(※1単元=100株では無い企業もあります)

投資初心者からするといきなり30万円を1社の株購入に充てるのってなかなか心理的ハードルが高いでしょうし、そもそもどこの会社の株買おう?ってなりますよね。

その点、上記2つの証券であれば単元未満株(=100株未満)でも購入ができるので種銭が無い人でもチャレンジする事が出来ます。

また、共通してポイント利用ができる事も魅力の1つです。

SBIネオモバイル証券の場合はTポイントを使って株購入が出来ますし、LINEはLINEポイントを使って購入が出来ます。

ちなみにSBIネオモバイル証券は毎月200ポイント(期間限定ポイント)を付与されてそのポイントで購入も可能です。

LINEポイントはLINEペイを使ったり、LINEポイントクラブでのサービス利用する事で貯める事が出来るようですね。

LINEポイントクラブ | LINEで簡単に貯めよう!
LINEポイントは、LINEの各種サービスの利用、ポイントクラブでのLINE公式アカウント友だち追加や動画視聴などで貯めることのできるLINEのポイントサービスです。

そして2社ともに「外国株」、「NISA」と「積立NISA」の取り扱いはしていませんのでその点はご注意ください。※SBIネオモバイル証券ではiDeCoの取り扱いはあります。

SBIネオモバイル証券とLINE証券の違いとは?

2社について比較リストを作ってみました。出来ることに意外と違いがある印象です。

SBIネオモバイル証券LINE証券
手数料月額220円(〜50万円まで)買付0円/売り99円〜1771円
(スプレッド方式を採用)
単元未満株
取り扱い銘柄
約3700銘柄
(上場している企業の殆ど)
1012銘柄
IPO×
定期買付×
リアルタイム取引×
投資信託×

では、順に説明していきます。

手数料の違いは??

SBIネオモバイルは単純明快で月額50万以下の取引であれば100円だろうが50万円であろうが220円です。その後は50万円〜300万円までなら1100円、300万円〜500万円なら3300円と段階的に上がっていきます。

引用元:https://www.sbineomobile.co.jp/support/guide/service/02_charge/charge/

要注意なのはSBIネオモバイルは取引をしなくても月額220円が必要です。停止手続きを行えばしばらく休止も出来ますのでお忘れなきよう!(私は忘れてました⭐︎)

LINE証券は少し複雑になりますが、買付は取引金額を問わず0円です。ただし、実質の手数料としてスプレッドなるものが加算されます。

スプレッドってなんや…って感じですよね。例えば1株1000円の単元未満株を買おうとすると実際には1000円の株を購入した場合には1002円〜1005円として購入されます。また時間帯によっては1010円での購入となります。
少し複雑ですので仕組みをLINE証券のHPから引用してきました。

引用元:https://line-sec.co.jp/fee

時間帯と銘柄をグループ分けしており、その2点で価格に変動出てきます。

単元未満株の取り扱いについてはSBIネオモバイル証券に軍配があがりました。選択肢が多いことはメリットではありますね!

ただ、今後もLINE証券もサービス拡充で取り扱い銘柄は広げていく事でしょうからその際にはまた記事の更新をしていきたいと思います。

その他サービスの違いについて

やはり私が気になるSBIネオモバイル証券で扱っているひとかぶIPO〜!!

名前の通り、1株から買える上場前の株のことですね。以前の記事にもIPO株の魅力を書いていますのでよければご覧ください。

IPO株買い方も含めて改めて記事にしていきたいと思います。

LINE証券ではIPO株の取り扱いはありませんが、リアルタイム取引という魅力を持っています。

名前の通り、LINE証券での株売買は株購入をした時点で金額確定がしますがSBIネオモバイルの場合は売買価格が確定するのには時間差が発生します。

引用元:https://www.sbineomobile.co.jp/support/guide/tool/browser/06_order/buyorder/

なので、購入したぞ!という金額と確定した金額に差異が発生する場合がありますのでご注意ください。

株の定期買付については100円からでも定期で買付が出来る仕組みです!一度設定すれば自動で購入してくれるため管理が少なくて良いですね。

また、定期買付になるのでドルコスト平均法という形で、高値で買うときもあれば安く買えるタイミングなどもあり購入方法としては一括で買うよりも安心して購入が出来ます。

最後の違いとしては投資信託の取扱いについてです!

個人的には今回の2つの証券はメイン口座ではなく、サブ口座として使う方が良いかな〜と思っているのでわざわざサブでやらなくても良いかなという感想ですね。

外国株も今後は検討が必要になって来る中で、個人的には日本株の取扱のみの2社の立ち位置は「株式の勉強」「サブ口座」という感じなので…。

【ネオモバorLINE】どんな人がどちらを使うべき

最後のまとめです!どんな人がどちらを使うべきかを説明していきます。

■SBIネオモバイルを使うべき人
・長期保有をイメージしている人
・ Tポイント貯めたい、使いたい人
・IPO株に興味がある人

リアルタイム取引のサービスが無いSBIネオモバイル証券ですから、金額をこまめにチェックして短期で売買するというよりかは長期保有していく方向けだと思いました。

銘柄もたくさん選択が出来ますので、高配当の企業への投資用に使うといいかも知れませんね。

また、普段からTポイントの利用が多い人とIPO株に興味がある人はこちらですね!!

私はIPOやってみたいので一旦はSBIネオモバイルを使っていきたいなと思います^^

■LINE証券を使うべき人
・短期売買を考えている人
・LINEポイントを貯めたい、使いたい人

上述した通り、リアルタイム取引が出来ているため「このタイミングで売るぞ!」という短期での売買をやりたい方はこちらの方がオススメだと思います。

いつかはそういった取引もやってみたいですが、現状は長期保有しながら勉強していきたいと思います。

また、LINEペイのヘビーユーザーの方であればこちらでポイント利用が出来るのでちょっとお得に株購入が出来ますね!

総括して思ったこととしては株購入の金額やどう使いたいかによって、判断が分かれてくるということです。

いやーしかし難しい。またこれからも頑張ってお金の勉強していきます!

今日の記事はここまで!おさらばえ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました